レタッチと加工の違いって何?一眼レフカメラ初心者向けに基礎を解説!

レタッチと加工の違いって何?一眼レフカメラ初心者向けに基礎を解説!カメラ初心者

一眼レフを使った撮影に欠かせないのが、写真の編集です。「レタッチ」や「加工」といった言葉で表現される場合が多いですよね。でも、そもそも「レタッチ」と「加工」の違いとは何でしょうか?また、具体的にどのようなことを行うのでしょうか?言葉は良く聞くけど、実際にどのように進めればいいのかわからない、という方も多いと思います。

そこで今回は、レタッチと加工の違いと、写真編集の進め方をご紹介します。レタッチ・加工方法を知れば、一眼カメラライフがさらに充実しますよ。

[講師]フォトグラファー aimi

スポンサーリンク

レタッチと加工の違いとは?

レタッチと加工の違いとは?

レタッチと加工には、どういった違いがあるのでしょうか。それぞれの本来の意味と、使い分けされる場面に分けてご説明します。

レタッチと加工は同じもの

レタッチと加工は、実は本来の意味は同じです。より厳密に言えば、レタッチは「撮影した写真データを加工・修正すること」なので、レタッチの中に加工が含まれていると言えます。

ですが、「加工」にも修正の意味合いが含まれるため、レタッチ・加工どちらも「写真データを加工・修正すること」として使われるのです。

レタッチと加工、使い分けをする場合も

本来の意味はほとんど同じレタッチと加工ですが、使い分けされる場面もあります。例えば、写真編集の段階として「レタッチ」と「加工」に分ける場合です。こういった場合には、レタッチは写真の補正や修正などの基本的な調整を、加工はその先の合成などのプラスアルファを指します。

ただし、こういった使い分けは限られた場所でしか行われていません。写真の編集方法を知るためにインターネットや本などで調べる場合にはレタッチ・加工のどちらを使っても大丈夫です。

レタッチ・加工って何をするの?

レタッチ・加工って何をするの?

レタッチ・加工に違いがないことがわかったら、次は写真編集では具体的に何をするのかをご紹介したいと思います。どういったことが可能なのかがわかれば、撮影にも安心して望めるようになりますし、写真の表現の幅がぐっと広がりますよ。

レタッチ・加工で出来ること

レタッチ・加工で出来ることは、大きく3つに分けられます。ひとつずつご紹介します。

まず1つ目は、明るさや色味などの「調整」です。明るさは、基本的には適正露出に、また表現方法としてあえて露出オーバー・アンダーにすることもあります。色味を調整することで、色温度を変えたりモノクロにするなどさまざまな表現ができます。

2つ目は「修正」です。余分に写り込んでしまったものを消す、または補正することで背景になじませます。削除したいものが大きいほど背景となじませるのが難しくなるため、基本的には小さな範囲で行います。

3つ目は「プラスアルファ」です。表現したいことに合わせて切り取りや合成をしたり、部分的な調整を行います。写真に個性を加えるのに重要な工程です。

レタッチ・加工におすすめのソフト

レタッチ・加工は写真編集ソフトを使用して行います。基本的な調整のみを行う場合は、無料ソフトでもじゅうぶんに対応ができます。しかし、細かい修正や合成を行う場合には有料ソフトが必要です。

おすすめはAdobe Photoshop(フォトショップ)です。フォトショップがあれば、基本的にできないレタッチ・加工はありません。写真を記録としてだけではなく、自分の「作品」にしたいと考えている方はぜひ試してみてください。

ソフトについての詳しい説明は、こちらの記事をご覧ください。

レタッチ・加工の進め方

レタッチ・加工の進め方

一眼レフで撮影する写真のデータは、アプリを使ったスマホの写真とは違い、「編集されていない、そのままの状態」です。もちろんそのまま現像できますが、少し手直しをしたいと思うことも多いのではないでしょうか。

そこでここでは、初めて写真編集を行う方のために基本的なレタッチ・加工の方法をご紹介します。

撮影時に注意すること

レタッチ・加工を行う場合には、撮影時の写真データの記録方法に注意が必要です。データの状態によっては、編集を加えることで画質が劣化してしまうためです。

画像の劣化を防ぐためには、撮影時のデータ形式を「RAW」に設定しましょう。RAWデータであれば、基本的な調整・修正を行ってもほとんど画質が劣化しません。ホワイトバランスや露出もある程度編集できるため、撮影時にシビアに設定する手間を省けます。ただし、RAWデータは他のデータ形式に比べ容量が大きいため、メモリ残量に注意が必要です。

基本的な写真の調整・修正

写真のレタッチ・加工は基本的には写真の調整や修正から始めます。具体的にはホワイトバランス・色温度・露出の調整や、不要な写り込みの修正です。

まずは、写真を「実際に目で見た風景」に近づけることから始めましょう。たとえばホワイトバランスは、実際に見て白色のものをしっかり白色に。また、露出は白飛びや黒つぶれのおこらないように調整します。

プラスアルファのレタッチ・加工

基本的な調整や修正が終わったら、続けてプラスアルファのレタッチ・加工を行います。彩度やコントラストの変更、切り抜きや合成など写真を使って表現したいイメージに合わせて、できることは多岐に渡ります。

ポイントは、「完成のイメージを持つこと」です。はじめは、表現したいイメージに近い写真を探し、お手本にしましょう。レタッチ・加工がどんどんうまくなりますよ。

レタッチ・加工の詳しい方法はこちらの記事も参考にしてくださいね。

レタッチ・加工の基礎を知って写真を楽しもう!

レタッチ・加工の基礎を知って写真を楽しもう!

写真のレタッチ・加工とは、どちらも写真に編集を加えることを指します。撮影をするだけでなく、仕上げにこだわりたいと考えている方は試してみましょう。

撮影自体が楽しいのはもちろん、レタッチ・加工の方法を知ることで、カメラがさらに楽しくなりますよ。好きな写真を参考に、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事を書いた人
フォトグラファー aimi
  1. フォトグラファー aimi

「何気なく見過ごしてしまうような一瞬を、一生の思い出に変えてくれるもの」それが写真です。あなたのカメラライフがさらに充実するよう、お手伝いができたら幸いです。
活動歴:フォトスタジオにてカメラマンとして4年間の活動後、フリーカメラマンへ。現在は「デザイン×フォト」をテーマとした作品づくりやニューボーンフォトカメラマンとして活動中。

タイトルとURLをコピーしました