プロカメラマンはこう撮る!赤ちゃんパーツフォトの撮り方

プロカメラマンはこう撮る!赤ちゃんパーツフォトの撮り方写真の撮り方

赤ちゃんの写真撮影に欠かせないのがパーツフォトです。生後間もないかわいい赤ちゃんを、余すところなく写真に残したい!そう考えている方も多いのではないでしょうか。

でも、一見簡単そうに思えるこのパーツフォト撮影、実は写真の出来栄えが撮影技術に左右される意外と難しい撮影なんです。

そこで今回は、「プロカメラマンが教えるパーツフォトの撮り方」をご紹介します。撮り方のポイントをおさえることで、家の中でもスタジオクオリティの写真が撮れますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

[講師]フォトグラファー aimi

スポンサーリンク

赤ちゃんパーツフォトって何?

赤ちゃんパーツフォトって何?

赤ちゃんの撮影におすすめのパーツフォトですが、そもそもパーツフォトとはどういった写真のことでしょうか?まずは、赤ちゃんパーツフォトとは何か、またなぜおすすめなのかについてご説明します。

赤ちゃんパーツフォトとは

赤ちゃんパーツフォトとは、赤ちゃんの手足や顔などをパーツごとに写した写真のことです。かわいい赤ちゃんの小さな手足や、赤ちゃん特有の表情をアップにして写真に残します。

生後間もない赤ちゃんは成長著しいですが、パーツフォト撮影をすることでかわいい姿を細かいところまで記録できます。

なぜ赤ちゃんの撮影にパーツフォトがおすすめなのか

パーツフォトは、赤ちゃんの撮影にとてもおすすめです。その理由は、生まれたばかりの赤ちゃんの小さな手足や表情がその時だけの特別なものだからです。

また、赤ちゃんは寝ている時間が多いため、パーツフォトをゆっくり撮影できるという点もあげられます。自然なポーズのまま、かわいいパーツフォトの撮影をしましょう。

赤ちゃんパーツフォトの活用方法

赤ちゃんのパーツフォトの写真は、部屋に飾るのに最適です。
家族写真や赤ちゃんの全身の写真とともにパーツフォトも並べて飾りましょう。バランスよくおしゃれに飾ることができますよ。

赤ちゃんパーツフォトの撮り方|おすすめのカメラ設定

赤ちゃんパーツフォトの撮り方|おすすめのカメラ設定

赤ちゃんパーツフォトは、被写体がとてもシンプルです。一見撮影しやすく思えますが、実は難しいのがシンプルな写真の特徴です。

そこで、ここからは赤ちゃんパーツフォトの撮り方について、カメラの設定から詳しく説明します。ポイントは「きれいなボケ」と「光の当て方」です。ぜひ意識しながら読み進めてくださいね。

おすすめのカメラモード

赤ちゃんパーツフォトの撮影におすすめのカメラモードは、絞り優先モードです。できるだけ絞りを開けて(F値を下げて)ボケをつくりやすくします。

絞り優先モードにすると、シャッタースピードはカメラが自動で決めます。そのときに注意が必要なのは、同じ場所でカメラを構えていても、被写体に対する光の当たり方やカメラの向きによってシャッタースピードが変わる点です。シャッタースピードが遅いと、手ブレの原因になるので気をつけましょう。

おすすめのレンズ

赤ちゃんパーツフォトにおすすめのレンズは、明るい(F値の小さい)マクロレンズです。

明るいレンズを選ぶことで、ボケをいかした雰囲気のある写真が撮れます。また、マクロレンズであれば、被写体に近づいてもしっかりとピントを合わせた撮影ができます。被写体に近づくと背景のボケが大きくなるので、さらに雰囲気のある優しいイメージの写真が撮れます。

マクロレンズの詳細については以下ページも参考にしてください。

マクロレンズを持っていない場合は、クローズアップレンズフィルターもおすすめです。撮れる写真に制限はありますが、マクロレンズと同じような効果があります。ぜひ試してみてくださいね。

ケンコー(Kenko)
¥1,627 (2022/05/16 22:35時点 | Amazon調べ)

シチュエーションに合わせたカメラの設定方法

カメラの設定は、シチュエーションに合わせてこまめに変更しましょう。赤ちゃんパーツフォトの撮影では、撮影をおこなう部屋にどの程度の光が入るかが重要です。

まずは、部屋の明るさに合わせてISO感度を設定しましょう。ポイントは、撮影時にシャッタースピードが1/60を下回らないようにすることです。1/60より遅くなる場合は、ISO感度を上げましょう。

ISO感度・絞り・シャッタースピードの設定について、詳しくは下のページを参考にしてください。

赤ちゃんパーツフォトの撮り方|パーツ別!おすすめの撮り方

赤ちゃんパーツフォトの撮り方|パーツ別!おすすめの撮り方

次は、赤ちゃんパーツフォトはどのように撮影するとよいのか、撮り方をパーツごとにご説明します。パーツによって撮影方法を変えることで、全ての写真を並べたときのバランスもよくなりますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

顔のパーツフォトの撮り方

赤ちゃんの顔のパーツフォトは「顔全体」「目・鼻・耳などのさらに細かいパーツ」のふたつにわけられます。

顔全体を撮るときに意識したいポイントは、目にピントを合わせることです。また、真正面からだけではなく横顔や頭の上側から撮ることで、顔だけの写真でも遠近感が表現できます。うまくボケをつくれる角度を探してみましょう。

さらに細かいパーツを撮るときも、平面的な写真にならないように意識します。ピントを合わせたパーツの後ろ側や手前側にボケが入るように、被写体をさまざまな角度から撮りましょう。

手や足のパーツフォトの撮り方

赤ちゃんの手や足のパーツフォトを撮るときは、光の入り方に気をつけましょう。被写体の後ろや斜め後ろから光が入るようにすることで、逆光を利用した優しい雰囲気の写真が撮れます。

赤ちゃんパーツフォトを逆光で撮るときには、光の強さにも注意が必要です。あまり強い光を使うと、陰影がつきすぎてしまったり、撮りたい部分が黒っぽく写ってしまいます。自然光の入る部屋であれば白いカーテンなどで光を和らげると、優しい光になるので撮りやすいですよ。

また、より扱いやすいのは真後ろからの光より斜め後ろからの光です。カメラの向きを少し変えるだけでも写真の出来栄えが変わるので、ぜひ試してみてください。

家族も参加するパーツフォトの撮り方

赤ちゃんパーツフォトの撮影には、ぜひご家族のみなさまも参加しましょう。「ママの指をにぎる赤ちゃんの手」、「お兄ちゃんの足と赤ちゃんの足」など、大きさ比べのように撮影することで、赤ちゃんの小ささが際立ったかわいい写真が撮れます。

とってもかわいい赤ちゃんパーツフォト

とってもかわいい赤ちゃんパーツフォト

赤ちゃんパーツフォトは、方法次第でスタジオの写真のようにきれいに撮れます。撮影中にプロカメラマンが意識するポイントは「きれいなボケ」と「光の当て方」です。部屋に自然光が入る時間帯を利用して、窓をストロボがわりに、カーテンで光の強さを調整しながら撮影をおこないましょう。

赤ちゃんパーツフォトは、そのときにしか撮れないとっても貴重な写真です。かわいい姿を、ぜひきれいな写真にも残してくださいね!

この記事を書いた人
フォトグラファー aimi
  1. フォトグラファー aimi

「何気なく見過ごしてしまうような一瞬を、一生の思い出に変えてくれるもの」それが写真です。あなたのカメラライフがさらに充実するよう、お手伝いができたら幸いです。
活動歴:フォトスタジオにてカメラマンとして4年間の活動後、フリーカメラマンへ。現在は「デザイン×フォト」をテーマとした作品づくりやニューボーンフォトカメラマンとして活動中。

タイトルとURLをコピーしました