初心者におすすめ!一眼レフを最大限に楽しむためのカメラ設定

カメラ初心者

一眼レフカメラ初心者の方にとって、はじめに迷うのが「カメラの設定」ではないでしょうか。カメラ上部についているダイヤル、メニューに並ぶさまざまな「設定」の文字。どこをどう触ったら何が変わるのか?実際に撮影をしてみても、わかりづらいものです。

でも、大丈夫!この記事を読んで「カメラの基礎」を少しだけ勉強することで、それぞれの設定の意味が理解できるようになります。カメラの基礎というのは、基本的なカメラの機能のことです。どの数値を触ると何が変わるのか?また、どういった時にどの設定が最適なのか?初心者の方でもわかりやすいよう、重要な部分を簡単な言葉に変えてお伝えします。

[講師]フォトグラファー aimi

スポンサーリンク

初心者必見!カメラの基本知識

初心者必見!カメラの基本知識

一眼レフカメラ初心者の方に、まず初めにカメラの機能の基礎知識をご紹介します。さまざまなシチュエーションに合わせてカメラの設定をする時に、必要となる知識です。

少し覚えづらい部分もあるかもしれませんが、ぜひ実際にカメラを手にしながら確認してみてください。それぞれの機能を意識しながら触ることで、すぐに覚えていきますよ。

絞り

絞りとは、カメラに取り込む光の量を調整する仕組みのことです。絞りは、F値(エフち)と呼ばれる値で表します。「F2.8」「F8」などでカメラに表示されているものです。

F値の値が小さくなる(絞りを開く)ほど、カメラに取り込む光の量が増え、F値が大きくなる(絞りを絞る)ほど、光の量が少なくなります。数字の大きさと絞りの大きさが反比例するので少し覚えづらいですが、頑張りましょう!

絞りの最大の特徴は、ボケをコントロールできる点にあります。F値を小さくすることでボケが大きくなります。ボケが大きいということは、ピントが合う範囲(カメラからの距離感)が「狭い」ということです。また、反対にF値を大きくすることでボケを少なくできます。ピントが合う範囲が「広い」ということです。これは数字と比例するので覚えやすいですね!

シャッタースピード

シャッタースピードとは、カメラのシャッターを開く時間の長さのことです。シャッタースピードは「1」「1/60」など、秒数で表します。

数値を小さくする(シャッタースピードを早くする)と、被写体が速い動きをしていても静止画のような撮影が可能です。また、数値を大きくする(シャッタースピードを遅くする)と、被写体の動きをブレとして撮影できます。

ISO感度

ISO感度とは、カメラが光を感知する時の感度のことです。「ISO200」「ISO800」などの数値で表します。

数値を小さくすると、感度が低くなり感知する光の量が減るため、写真が暗くなります。また、数値を大きくすると、感度が高くなり感知する光の量が増えるため、写真が明るくなります。

ISO感度は、高く設定しすぎると写真にノイズが入るため注意が必要です。どの程度まで数値を上げることができるかは、カメラの性能によって異なります。きれいに写すことができる範囲を、試し撮りで確認しておきましょう。

絞り・シャッタースピード・ISO感度を使いこなす

絞り・シャッタースピード・ISO感度を使いこなす

絞り・シャッタースピード・ISO感度それぞれの機能を理解したら、次はこの3つの関係性を学びましょう。どういった場合にどういった数値を変化させるべきかがわかれば、撮影の時に慌てることなく、自分の撮りたいイメージに合わせた設定ができます。

しかし、絞り・シャッタースピード・ISO感度すべてを手動で設定するのは大変です。実際は、便利な撮影モードを使って撮影することがほとんどでしょう。そこで、それぞれのモードがどういった機能を持つのかもご紹介します。

絞り・シャッタースピード・ISO感度の関係

絞り・シャッタースピード・ISO感度はすべて、数値を変えることで写真の明るさの調整ができます。ただし、どうして明るさが変わるのかという理由や役割はそれぞれに異なるため、状況に合わせた数値の調整が必要です。

上の図は、それぞれの基本的な性質をまとめたものです。3つの機能のバランスをうまくとり、適正露出(ちょうど良い明るさ)にしましょう。例えば、「明るくしたいけど、絞りは変えたくない」という場合には、シャッタースピードを遅くする、もしくはISO感度を上げる、またはその両方をすることで適正露出にできます。

絞り優先モード

絞り優先モードとは、絞り(F値)を任意で設定できるモードです。最も使用頻度の高い撮影モードです。カメラ上部のダイアルに「A」「Av」などで表示されています。どの程度のボケがほしいかを考え、それに合わせて数値を決めましょう。任意で設定した絞りの数値に合わせて、カメラが適正なシャッタースピードを決めてくれます
ISO感度はオート・手動どちらにも設定できますが、初めはオートにしておくことをおすすめします。

絞り優先モードを使用する時には、露出オーバー(明るくなりすぎて白飛びする)に注意が必要です。特に明るい昼間、屋外の撮影で絞りを開きたい場合、カメラ側がシャッタースピードをどれだけ早くしても足りなくなることがあります。その場合は、手動でISO感度を下げる、もしくはもう少し絞りを絞りましょう。

シャッタースピード優先モード

シャッタースピード優先モードとは、任意でシャッタースピードを変更できるモードです。カメラ上部に「S」「Tv」などで表示されています。選んだシャッタースピードに合わせて、カメラが自動で適正な絞り値を決めてくれます。こちらも、ISO感度はオート・手動どちらにも設定できます。

暗い場所で速いシャッタースピードを選ぶ場合、カメラが絞りをどれだけ開いても明るさが足りず、露出アンダー(暗くなりすぎて黒つぶれする)になることがあります。どうしてもシャッタースピードを変えたくない場合は、明るいレンズ(F値の小さいレンズ)に変更することで露光量をかせぐことができます。

マニュアルモード

マニュアルモードは、絞り・シャッタースピードの両方を任意の数値に変更できるモードです。カメラ上部に「M」と表示されています。ISO感度はオート・手動どちらにも設定できます。

ボケもブレも少なくしたい場合や、長時間露光撮影(夜景や花火の写真など、シャッターを長く切る撮影)など、少し特殊な撮影の場合に使います。

シーン別!初心者におすすめのカメラ設定

シーン別!初心者におすすめのカメラ設定

それぞれの撮影モードの特徴を理解したら、次はもう少し細かい撮影の状況や場面ごとのカメラの設定方法をご紹介します。
ここまでの基礎でまだ不安なところがあっても大丈夫です!まずはここでご紹介する設定に合わせて撮影してみましょう。

屋内撮影

屋内の撮影は、思う以上に光の量が少ないものです。ISO感度を手動に設定する場合、少し高めに設定しましょう。おすすめはISO800程度です。それでも暗い場合はさらに上げていきますが、特殊な撮影以外は最高でもISO1600あたりまでに留めるようにしましょう。

撮影モードは絞り優先モードがおすすめです。絞りをしっかり開けることで、一眼レフらしいボケのある明るい写真が撮れます。絞りを絞るとシャッタースピードが遅くなるので、手ブレに注意しましょう。

屋外撮影

屋外の撮影は、曇りの日でも思う以上の明るさがあります。ISO感度は低めのISO200程度がおすすめです。

また、撮影モードは絞り優先モードで、「どういった写真が撮りたいのか」に合わせて絞り値を決めることをおすすめします。晴天時の屋外撮影では、シャッタースピードが早くなることがほとんどです。露出オーバーに気を付けましょう。

子どもの撮影

子どもの撮影におすすめなのが、シャッタースピード優先モードです。元気な子どもの撮影は、「大きな画面で見直してみたらブレばかり・・・」なんてことが多いためです。シャッタースピードを早めに設定することで、手ブレを減らすことができます。具体的な目安は、1/60よりも早いシャッタースピードです。

ただし、暗めの場所では絞りが開きすぎてしまい、ピンボケが気になる場合があります。また、露出アンダーになることも。その時はISO感度を上げて、適正露光になるよう調整しましょう。

初心者でも大丈夫!カメラは設定が重要

初心者でも大丈夫!カメラは設定が重要

何気ない日常を宝物にかえてくれる一眼レフカメラ。撮りたい写真に適した設定を知ることで、一眼レフカメラでの撮影はさらに楽しくなります。

一眼レフとスマホ撮影、何が違うの?

一眼レフカメラでの撮影と、スマホでの撮影の一番の違い。それは、「こう撮りたい!」の実現度です。スマホでもきれいな写真を撮ることはできますが、表現の幅は限られます。一眼レフカメラは、自然なボケのある写真や動きを表現した写真など、イメージに合わせた写真を撮ることができます。

ただし、一眼レフカメラには難点もあります。それは、スマホと比べて「少し扱いが難しい」という点です。でも、この難しさは、できることの多さの象徴とも言えます。難しいからこそ、使いこなせたときに感じる楽しさがありますよね。

さまざまな設定で一眼レフカメラを楽しもう

せっかくの一眼レフカメラ。いつも同じオートモードで、シャッターを押すだけでは少しもったいないかもしれません。ぜひ、まずは「絞り優先モード」や「シャッタースピード優先モード」から試してみましょう

実は、一眼レフ初心者の方だからこそ撮れる、こなれていない自然な「空気感」のようなものがあります。試行錯誤する中でふいに撮れる、その時だけの一枚です。設定の基本さえおさえていれば、誰でも撮ることができます。

写真に正解はありません。今回お伝えしたのは、「こういう場合は、この設定が撮りやすいよ」という目安みたいなものです。自分なりの設定で撮影した写真を見て、「なんか、めっちゃいい写真撮れてる!」と思えればそれが最高です!
あなただけが持っているオリジナルのセンスを生かして、一眼レフカメラで目いっぱい遊んでみてくださいね。

この記事を書いた人
フォトグラファー aimi
  1. フォトグラファー aimi

「何気なく見過ごしてしまうような一瞬を、一生の思い出に変えてくれるもの」それが写真です。あなたのカメラライフがさらに充実するよう、お手伝いができたら幸いです。
活動歴:フォトスタジオにてカメラマンとして4年間の活動後、フリーカメラマンへ。
現在は「デザイン×フォト」をテーマとした作品づくりやニューボーンフォトカメラマンとして活動中。

タイトルとURLをコピーしました