後悔する前に知っておきたい!結婚式でベストショットを撮ってもらう方法【挙式編】

後悔する前に知っておきたい!結婚式でベストショットを撮ってもらう方法【挙式編】フォトライフ

結婚式は人生で一度きり。そんな大切な瞬間だからこそ、素敵な写真を残しておきたいものですね。
しかし、いくらプロのカメラマンといっても、お二人の好みや事情は未知数。黙っていてもイメージどおりの仕上がりになるとは限りません。

イメージと違う写真を見て後悔する前に、ぜひおすすめしたいのが、カメラマンへリクエストをまとめて事前に伝えておくという方法。今回は、結婚式でベストショットを撮ってもらうために、カメラマンにリクエストしておきたいシーン【挙式編】をご紹介します。

→【披露宴編】はこちら

[講師] Tolanca(トランカ)編集部

スポンサーリンク

盲点シーン① 式の前も大事な瞬間。控え室のワンシーン

盲点シーン① 式の前も大事な瞬間。控え室のワンシーン。

これから式がはじまる…。そんなときまで写真を撮るの?とお思いかもしれませんが、この瞬間も大事なひととき。控え室でお化粧もヘアもセットが完了して、出番を待っている瞬間。式直前も実はシャッターチャンスです。

できたてのメイクとヘアで、緊張で少しこわばった表情は凛とした雰囲気を放つため笑顔が多くなる結婚式の写真の中でも神聖な印象に。背後から鏡越しに花嫁さんの表情を狙ってもらえば、こだわりの髪飾りや式直前の雰囲気も一緒に撮れて素敵な写真が撮れます。

ただし、この写真はタイミングが大事。カメラマンが女性であれば控室に入ってスタンバイしてもらえますが、男性カメラマンだとそうはいきません。準備ができたタイミングで、式場スタッフに声をかけてもらうと良いですよ。

控え室シーンでは、こんな瞬間がリクエストポイント

・メイクもヘアも完成して、ベールを着用したタイミングがベスト!
・ぜひヘアメイクさんにも協力してもらって、口紅をなおすシーンやベールをつけるシーンもおすすめ!
・イヤリングを自分でつけるシーンで真剣な表情を演出

盲点シーン② こだわりアイテムをぜひ伝えて!

盲点シーン② こだわりアイテムをぜひ伝えて!

人生で一度の瞬間だからこそ、細かい部分までこだわりもいっぱいあるはず。好きな花を集めたブーケや大切なお客さまを迎えるためのオリジナリティあふれるウェルカムボード、生花を使った髪飾りなどこだわりはさまざま。

カメラマンもぜひ記念に残したいのだけれど、どんなところにこだわりが隠れているかはわからないものです。そんなとき、あなたのこだわりポイントを伝えてくれるとカメラマンも大助かり!

中でも多いのがリングピロー。二人の絆の証であるリングを彩るからこそこだわりたくなるもの。親友や姉妹からのプレゼントなんてことも多く、ブーケよりも想いがこもっていることも。

そんなこだわりのリングピローも一言伝えるだけで、素敵な写真で残してくれますよ。式場が用意したものであっても、大切なリングを彩るアイテムですのでぜひこれはお願いしてみて。

◎カメラマンが実際に聞いた新郎新婦のこだわりポイント

  • ・実はブーケが手づくり。お花選びからこだわりました!
  • ・ドレスはバックスタイルにこだわって選びました!
  • ・ウェルカムボードは、2人の趣味をたっぷりもりこんでいます!

盲点シーン③ 二人の絆が見えるエスコートシーン

盲点シーン③ 二人の絆が見えるエスコートシーン

指輪の交換や誓いのキス、入場から退場に至るまで結婚式はイベントがたくさん。プロのカメラマンもそれぞれ逃さないように動きます。そんなカメラマンたちでも見逃しやすいのが、新郎が新婦をエスコートするシーン。

このシーンは雰囲気もあり、二人の仲のよさもアピールできる絶好の撮影ポイント。普段照れ屋でなかなかできない彼も、結婚式マジックでさらりとエスコートしてくれることが多いので、彼の優しさを感じられるひとときでもあるんです。

二人の絆を残すためにもぜひ写真に納めてほしいシーンです。雰囲気重視の後ろ姿もよいけれど、やっぱり前からも撮影して幸せいっぱいの表情を撮ってもらうのもおすすめ!前からなのか、後ろからなのかは事前に伝えておくとよいですよ。

オーダーのしすぎはNG。リクエストはポイントを押さえて

オーダーのしすぎはNG。リクエストはポイントを押さえて

さて、ここまで挙式撮影の盲点シーンを3つご紹介してきましたが、最後に注意してほしいのが、リクエスト内容は細かすぎないほうがよいということ。

ここはこのポーズでとか、この写真と全く同じに!と言われてしまうと、肝心な定番シーンを逃しかねません…。カメラマンに依頼するときは、どうしても撮っておいてほしいという内容のみを3つ程度にしぼって伝えるか「こんな感じ!」というこだわりがあるのであれば見本の写真をお渡しして、お任せしましょう。そうするだけで、カメラマンのオリジナリティも加わった、ステキな写真に仕上がるはずですよ!

オーダーのしすぎはNG。リクエストはポイントを押さえて

いかがでしたか?「こういうシーンが残るといいな」と思っていても、当日は緊張や気遣いでカメラマンにリクエストをする余裕すらないでしょう。

会場によっては機材の準備が必要な場合もあるので、式当日ではなく、事前にリクエストをするのがおすすめ。カメラマンさんとの事前打ち合わせがある場合はそのときに。ない場合は式場スタッフさんに伝えてもらうよう、挙式前日までにはお願いするとスムーズです◎

お二人の大切な瞬間である結婚式。ぜひカメラマンへのリクエストを活用して、素敵な写真を残してくださいね。
結婚披露宴編】も是非チェックしてみてください!

この記事を書いた人
Tolanca(トランカ)編集部
  1. Tolanca(トランカ)編集部

Tolanca(トランカ)は、これからフォトライフをたのしみたいというカメラ初心者のためのフォトライフWEBマガジンです。「写真のたのしさをもっと身近に。」をテーマに、写真の撮り方や活用の仕方、撮影スポットの紹介など、日常のフォトライフを豊かにする情報をお届けします。

タイトルとURLをコピーしました