春限定!?優しい光を使った子ども写真の撮り方

春限定!?優しい光を使った子ども写真の撮り方写真の撮り方

厳しい寒さが少しずつゆるみ、花のつぼみが膨らみはじめる春。思わず外に出かけたくなりますよね!子どもとのお出かけを予定している方も多いのではないでしょうか。

そんな時には、ぜひカメラをお供に連れて行ってください。その理由は、「春の優しい光」が子どもの撮影にピッタリだからです。

そこで今回は、「春の優しい光を使った子ども写真の撮り方」をご紹介します。いつもと同じように撮ってもどこかが少し違う、そんな春の撮影をめいっぱい楽しみましょう!

[講師]フォトグラファー aimi

スポンサーリンク

子ども写真には春の光がぴったり!

子ども写真には春の光がぴったり!

まずは、春の光にはどんな特徴があるのか、またどうして子ども写真との相性がいいのかを説明します。カメラを通すからこそわかる春の特徴が見えてくるはずです。

他の季節とは少し違う、春の光

「春の光はやわらかい」そんなイメージがありますよね。温かな春は、気温の上昇とともに光の質も変化していきます。その理由は、春の太陽の高度にあります。

春の太陽の高度は、午前9時ごろには30°に達し、午後3時ごろまで30°以上を保ちます。また、一番高度が高い時間帯でも50°程度です。
ポートレート撮影に最適と言われる光の角度45°に近い高度を、長い時間キープするのが春の太陽なのです。

春の光が子どもの写真にぴったりな理由

春の太陽は、夏と比べて低めの高度を通るため、やわらかい光を届けてくれます。やわらかい光によって、子どもにぴったりな優しいイメージの写真が撮りやすくなります。また、やわらかい光は扱いやすいため、逆光撮影にもおすすめです。

撮影におすすめの時間帯

春の子ども写真の撮影におすすめの時間帯をご紹介します。
まずは、ポートレート撮影に最適な斜め45°からの光が注ぐお昼前後。やさしい光が適度な影をつくり出すため、春らしいやわらかなイメージの写真が撮れる時間帯です。満開の桜や菜の花など、色とりどりの花と一緒に撮影しましょう。

そして、もうひとつは少し日の落ちだした夕方の時間帯です。冬の撮影では寒々しいイメージになりやすい夕方も、春の撮影なら適度にアンニュイなイメージを演出してくれますよ。

撮影におすすめの場所

春に子ども写真の撮影をおこなうときは、できるだけ太陽の光をさえぎるもののない場所がおすすめです。広い公園や、太陽の光の入る時間帯の屋内を選びましょう。

また、春ならではのさまざまな種類の花が咲く彩りの多い場所もおすすめです。子どもと一緒に外へ撮影に出かけるときは、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

実践!春の優しい光を使った子ども写真の撮り方

実践!春の優しい光を使った子ども写真の撮り方

春の子ども写真の撮影は、「写真撮影の練習」にも最適です。ここからは、春のやわらかい光をうまく写真に取り込む方法をご紹介します。以下の4つのポイントをおさえるだけで、写真がぐっと魅力的になりますよ。

ポイント①|光と仲良くなろう

実は、春の撮影は「写真撮影の練習」にも最適です。その理由は、他の季節に比べて太陽の光が扱いやすいためです。強すぎず弱すぎもしない春の太陽の光は、被写体に自然な影をつくり出します。

光の向きに注目しながら、いろいろな角度で写真を撮ってみましょう。例えば被写体の顔に対して斜めに入る光は、適度な影をつくるため表情がはっきり写りやすくなります。ピントや適正露出を合わせやすいのもこの斜めの光です。

また、春の光は逆光撮影にもおすすめです。強すぎない太陽の光が優しい影をつくり出します。被写体の斜め後ろから光を入れるイメージで撮ると、影が落ちすぎずきれいに光が回ってくれますよ。

ポイント②|おすすめの構図

木々や花が色づきだす春の撮影では、ぜひ色とりどりの自然を差し色に使ってみましょう。春の彩りは、表情豊かな子どもとの相性ばっちりです。また、写真の構図に少し工夫をすることで、簡単に春らしい写真を撮れますよ。

ポイントは、色とりどりの自然を被写体の前と後ろにぼかして入れることです。また、被写体を真ん中ではなく左右どちらかに少しずらすことで、さらに春らしさをいかした写真が撮れますよ。

ポイント③|おすすめのカメラ設定

春の子ども写真におすすめのカメラ設定は、「絞り優先モード」です。できるだけ絞りをあけて(F値を下げて)ボケをいかした写真を撮りましょう。明るい単焦点レンズをお持ちの方はぜひ使ってみてください。カメラのモードに関しては、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

強い影が落ちにくい春は、大きなボケをつくっても全体が明るく写ります。季節によっては難しい前ぼかしもきれいに入れやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

ポイント④|使ってみてほしい小技

次は、春の光を使った子ども写真の撮影に試してみてほしい小技をご紹介します。

まずは逆光撮影のときに使える小技、「光源を写真におさめてみる」です。太陽の光を直接カメラで撮影します。ポイントは斜め上に光源が入るようにすることと、ISO感度を下げておくこと。光の強い季節には出せない、やわらかく回る光が撮れます。

もうひとつ試してみてほしい小技が、「小道具を使った前ぼかし」です。
カメラを持っていないほうの手で花や緑の葉を持ち、画角に少しだけいれて前ぼかしをつくりましょう。春の光は全体に均等に回りやすいため、強いぼかしを使ってもきれいな発色が得られます。

大切なのは空気感!春の子ども写真におすすめの加工方法

大切なのは空気感!春の子ども写真におすすめの加工方法

春の優しい光を使った写真が撮れたら、次は写真の加工をしてみましょう。カメラの設定や明るさなど、実際に撮れている写真によっても加工方法は変わります。どういった写真にしたいのかを先にイメージして、そのイメージに近づけていきましょう。

温かみを表現する方法

ぽかぽか陽気を感じる春、写真にも温かみを与えたいですよね。温かなイメージの写真に加工するときには、まず陰影がつきすぎている部分の調整から始めましょう。

ポイントは、露光量ではなくシャドウ部分を明るく(もしくはオフセットで調整)すること。露光量を上げてしまうと、もともと明るく撮れている部分が白飛びしてしまう場合があるためです。

全体の明るさの調整が終わったら次は色味の調整をしましょう。カラーバランスで中間色を暖色寄り(レッド・イエロー寄り)に調整します。ポイントは、少しずつ数字を上げるようにすること。数値がひとつ変わるだけで全体の印象が変わるので、完成をイメージしながら微調整しましょう。

透明感をプラスする方法

写真全体に温かみを加えることができたら、最後にひと手間加えて透明感をプラスしましょう。

もう一度カラーバランスの調整をおこないますが、次はシャドウに少しだけシアンを足します。中間色は暖色系にしているので、全体のイメージは温かみをを持ちつつ、影の部分に爽やかさをプラスできますよ。

子どもの表情が映える!春の光を使った写真

子どもの表情が映える!春の光を使った写真

春は子ども写真の撮影にもってこいの季節です。気候の良さはもちろん、優しい光を使ってさまざまな撮影方法を試しやすいためです。

近所へちょっと散歩に行くとき、お花見に出かけるとき、ぜひカメラを持って行ってください。色とりどりの花や優しい光を届ける太陽が、写真をより魅力的にしてくれますよ。

この記事を書いた人
フォトグラファー aimi
  1. フォトグラファー aimi

「何気なく見過ごしてしまうような一瞬を、一生の思い出に変えてくれるもの」それが写真です。あなたのカメラライフがさらに充実するよう、お手伝いができたら幸いです。
活動歴:フォトスタジオにてカメラマンとして4年間の活動後、フリーカメラマンへ。現在は「デザイン×フォト」をテーマとした作品づくりやニューボーンフォトカメラマンとして活動中。

タイトルとURLをコピーしました