前撮り写真活用方法9選!賢くおしゃれな活用アイデアとは

前撮り写真活用方法9選!賢くおしゃれな活用アイデアとは写真の撮り方

結婚式と同じくらい大きな思い出となるイベントが、結婚式の前撮り。お気に入りの場所で撮ったり、結婚式とは違う衣装で撮ったりと、こだわって撮影する方も多いのではないでしょうか。現在では、結婚式を予定する約70%のカップルが、結婚式の前撮りをしていると言われており、その割合は年々増えています。

記念や思い出にもなる前撮りですが、その写真の活用方法が分からないというカップルも…。前撮り写真は、結婚式の準備から結婚式当日、結婚式後まで、賢くおしゃれに余すことなく活用しましょう。

この記事では、前撮り写真の活用方法9選を紹介します。結婚式の前撮りについて、基本知識や注意点も詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

[講師]ライター ワタナベ サツキ

スポンサーリンク

前撮り写真活用方法|前撮りとは?

前撮り写真活用方法|前撮りとは?

まずは、結婚式の前撮りについて、基本知識や注意点を詳しく解説します。

結婚式の前撮りとは?

結婚式の前撮りとは、結婚式の前に行う写真撮影のこと。新婦はウェディングドレスや白無垢を着て、新郎はタキシードや紋付羽織袴を着て、結婚をテーマにした写真を撮影します。撮影時には、結婚式と同じようにプロのカメラマンやヘアメイクスタッフが付き、好きな場所で撮影することが可能です。場所や内容によって金額が変わりますが、相場は15万円。決して安くないからこそ、前撮りからこだわって行うカップルや、前撮り写真を活用するカップルが増えています。

前撮りをすることで、様々なメリットがあります。まずは、ゆっくりとプロに写真を撮ってもらえること。結婚式当日の新郎新婦は忙しく、ゆっくり写真を撮れる時間はわずかしかありません。前撮りをすることで、結婚式当日に撮れないような写真や、撮りたいイメージや雰囲気に合わせた写真を撮ることができます。

また、結婚式とは別の衣装が着られることもメリット。和装と洋装、ウェディングドレスとカラードレス、あれもこれも全部着てみたいという気持ちを叶えられます。撮影するロケーションも選べることがほとんどで、こだわりを存分に詰め込むことが可能です。

前撮りをする最大のメリットは、結婚式の準備から結婚式当日、結婚式後まで、写真を活用できるということ。写真を活用することを前提に、前撮りをするカップルも増えています。

納期に余裕を持とう

前撮り撮影のデータは、撮影が完了してから納品されるまでに時間がかかることがあります。その手元に届いたデータをアイテムに加工するには、さらに時間がかかります。結婚式前は、ただでさえ準備で忙しい時期。前撮りをする場合は、余裕を持ったスケジューリングが大切です。

一般的に、前撮りは結婚式の2~3か月前に行うカップルが多いと言われています。おすすめは、3か月前までに済ませておくこと。前撮りのデータは、受け取るまでに案外時間がかかります。早いところで1週間後、遅いと撮影してからデータを受け取るまでに1か月以上かかることも。余裕を持ちたい方は、3か月前までに撮影を済ませておきましょう。

早めに前撮りをすることで、データが早くもらえるというメリットがありますが、デメリットもあります。結婚式当日に向けて、エステに通ったり、ダイエットしたりしている方もいるのではないでしょうか。そんな方たちは、なるべくきれいになってから前撮りをしたいと、前撮りを早く終わらせることをデメリットと感じてしまうかもしれません。

ですが、写真を撮ってくれるのはプロのカメラマンです。きれいに写るように写真を撮ってくれるはず。なるべく前撮りまでに花嫁美容を済ませておくと安心ですが、完璧な状態でなくてはいけないなんてことはありません。それよりも、納期に余裕を持つ方が大切です。

データをもらおう

結婚式の前撮りをしたら、必ずデータをもらいましょう。前撮りは、業者によって様々なプランが打ち出され、そのプランから自分に合ったものを選ぶことになります。プランによっては、「アルバムのみお渡し」や「データ別料金」という場合もあります。業者やプランを選ぶときに、どのように納品されるのか、納品形態を確認するようにしましょう。

前撮り写真を活用する場合、パソコンやスマホを使って、写真から様々なアイテムをつくることになります。その場合、データで受け取っておかなければ、満足のいくような写真の活用ができません。また、プランによって、「データ50枚」や「全データお渡し」など、データの量も様々です。ここは予算が関係してくるので、予算内に収まるようにするのが良いですが、できれば全データが好ましいです。データの母数が多いほど、気に入った写真も多くなります。前撮り写真を活用するときは、なるべく気に入った写真を使いたいですよね。なるべく多くのデータをもらい、余すことなく活用しましょう。

前撮り写真活用方法9選

前撮り写真活用方法9選

結婚式の前撮りについての基本知識や注意点が分かったところで、前撮り写真活用方法9選を紹介します。結婚式の準備から結婚式当日、結婚式後まで、賢くおしゃれに活用していきましょう。

ウェルカムボード

ウェルカムボード

ウェルカムボードは、結婚式の場でほぼ100%のカップルが用意しているアイテム。結婚式当日、新郎新婦は式が始まるまでゲストに会うことはできません。ウェルカムボードとは、結婚式場の入り口などのゲストをお出迎えする場所に置き、新郎新婦のかわりに、ゲストの皆さんをお出迎えするものです。

最近では、ウェルカムボードで個性を出したいと考えるカップルが増え、様々な種類のウェルカムボードが出てきています。その中で、ウェルカムボードに前撮り写真を活用するカップルも増えています。ウェルカムボードは、結婚式の案内板の役割もあるため、2人の写真があることでゲストも安心して結婚式に参加できるでしょう。また、美しい衣装に身をまとって撮影した写真を活用することで、結婚式のお祝いムードを高めるアイテムにもなります。

招待状

招待状

招待状は、結婚式へゲストを招待する正式な案内状のこと。最近では「WEB招待状」という、WEB上で完結する新しい形式のものも出てきましたが、まだまだアナログな手紙形式のものがほとんどです。様々な業者から、様々なデザインの招待状が発売されていますが、オリジナリティの高い招待状をつくりたい方には、前撮り写真を使うことをおすすめします。

前撮り写真を使って招待状をつくる場合、ネット注文がおすすめ。テンプレートに当てはめるだけで招待状が完成するものを使うと、簡単にオリジナリティの高い招待状をつくることができます。

さらに、「オリジナル切手サービス」を使うことで、切手に前撮り写真を使うこともできます。オリジナル切手サービスを使いたい場合は、近くの郵便局やオンラインで申し込みが可能。切手が完成するのは、注文から3週間ほどしてからなので、スケジュールに余裕を持ってつくり始めましょう。

会場装飾

会場装飾

会場装飾は、結婚式や披露宴の雰囲気を左右する、大切な飾りつけ。ウェルカムスペースや受付、披露宴会場など、自分たちで装飾を考えられる式場がほとんどです。そこに、前撮り写真を使うと、よりオリジナリティの高い飾りつけになるでしょう。

例えば、披露宴会場のテーブル1つ1つに前撮り写真を飾っておくと、ゲストはゆっくりと新郎新婦の美しい姿を堪能することができます。おしゃれな写真立てに入れるだけで、素敵な会場装飾になるので、おすすめです。

プロフィールブック

プロフィールブック

プロフィールブックとは、席次表の代わりにゲストに配るペーパーアイテムのこと。受付で配ることがほとんどで、新郎新婦のプロフィールはもちろん、様々な内容を盛り込むことができます。

プロフィールブックをつくる場合、普段の写真を入れ込むこともできますが、美しく撮影した前撮り写真を入れ込むことをおすすめします。おしゃれにつくり込まれたプロフィールブックは、新郎新婦にとっても、ゲストにとっても、大切な思い出の品となるでしょう。

演出ムービー

演出ムービー

オープニングムービーやプロフィールムービー、エンドロールなど、結婚式には欠かせない演出ムービー。演出ムービーは、もちろん結婚式前に作成しなければいけませんが、結婚式のムードを壊さないためにも、使う写真はドレスを着たものが良いですよね。

そんな演出ムービーには、前撮り写真を使いましょう。演出ムービーを流す場面では、ゲストは全員ムービーに注目します。美しく撮ってもらった前撮り写真を活用し、おしゃれな演出ムービーをつくりましょう。自分でつくることに不安がある場合は、業者に依頼することもできますよ。

プチギフト

プチギフト

披露宴のおひらきに、ゲストひとりひとりに新郎新婦から手渡しするのがプチギフト。手のひらサイズのギフトを渡すのが一般的です。ほとんどの場合プチギフトは、プチギフトとしてできたものを渡すため、オリジナリティを出しにくいアイテムでもあります。

そんなプチギフトにオリジナリティを出したいときは、前撮り写真を活用しましょう。プチギフトに「ありがとう」を込めて付けるサンキュータグに、前撮り写真を取り入れたり、前撮り写真をチェキ風に加工して1枚ずつプチギフトと一緒に包んだり、活用方法は様々。オリジナリティを出しにくいプチギフトですが、前撮り写真を活用することで、オリジナリティの高いプチギフトになります。

両親贈呈品

両親贈呈品

両親に記念品を贈呈するのは、結婚式のクライマックスに行われる感動のシーンのひとつ。両親に喜ばれ、結婚の記念になるものを選びたいところですが、なににするか悩むカップルも多いようです。前撮り写真を活用すると、結婚式らしい記念になるアイテムをつくることができます。

例えば、前撮り写真を使ってフォトクロックにしたり、生まれてから今日までの歴史を、前撮り写真を使ってアルバムにしたり、使い方は様々。特に、「Photoback」などの外注業者に依頼してつくった前撮り写真を使ったアルバムは、お手ごろな価格でつくれるためおすすめです。

年賀状・結婚報告はがき

年賀状・結婚報告はがき

結婚式が終わっても、結婚式のあとの御礼の手紙や、結婚式に招待しなかった人への結婚報告ハガキ、年賀状に前撮り写真を活用できます。前撮り写真を使うと、結婚式に参加できなかった人にも、晴れ姿を見せることができるのでおすすめです。結婚式当日の写真は、データを受け取るまで3か月~半年かかるため、前撮り写真を使った方がスピーディーに対応できます。

アルバム作成

アルバム作成

前撮りをするときに、忘れずにしておきたいことは、アルバムをつくること。前撮りと結婚式写真、どちらもデータをもらっておくことで、まとめて1冊にすることもできます。また、自分用の他に、両家にも1部ずつつくると、両家にとって思い出の1冊となるでしょう。

アルバムを複数つくりたい場合や、前撮りと結婚式の写真を1つのアルバムにまとめたい場合は、「Photoback」などの外注業者に依頼するのがおすすめです。Photobackなら、1番高級なアイテムでも約1万円という低価格で、おしゃれなフォトブックをつくることができます。

前撮り写真を活用しておしゃれな結婚式に!

前撮り写真を活用しておしゃれな結婚式に!

今回は、前撮り写真の活用方法9選を紹介しました。また、結婚式の前撮りについての基本知識や、注意点も詳しく解説しました。

せっかく前撮りをするなら、前撮り写真を活用しなければもったいない!前撮り写真を余すことなく活用し、素敵な結婚式にしてくださいね。

この記事を書いた人
ライター ワタナベサツキ
  1. ライター ワタナベサツキ

20代主婦ライター。カメラを趣味にしており、現在も勉強中。主婦目線で、カメラや写真の魅力をお伝えします!

タイトルとURLをコピーしました