誰でもカンタンにできる!桜の写真を美しく撮る5つのコツ

誰でもカンタンにできる!桜の写真を美しく撮る5つのコツ写真の撮り方

春のあたたかさが感じられる季節がやってきました。 桜が開花するとやってくるお花見シーズン。

今年はまだまだ制限も多いと思いますが、お花見に行くと、桜の写真を欠かさず撮ることが多いのではないでしょうか。 そこで今回は、「誰でもカンタンにできる!桜の写真を美しく撮る5つのコツ」についてお伝えします。

[講師]Tolanca(トランカ)編集部


スポンサーリンク

1.全体ではなく、寄りで撮る

1.全体ではなく、寄りで撮る

桜を撮るときに悩みとなるのが、「構図」です。 桜の木全体を撮影してもいいのですが、主役がないボヤけた写真になってしまいがちです。 一つの桜の花びらに近寄って写真を撮影すると、背景がぼやけグッと印象的な1枚になります。

2.露出補正で光の量を多くする

2.露出補正で光の量を多くする

デジタルカメラは、適切な露出をシャッタースピードと絞りとISO感度によって決定します。 白っぽい被写体には、光の量が多いとデジタルカメラが判断し、露出を下げます。 桜は白みを帯びた被写体であるため、暗く写りやすいです。 そのため、露出をプラス側に補正することで明るく写すことができます。

3.桜が散っている様子を撮影する

3.桜が散っている様子を撮影する

風がある日には、桜が散る景色を写すことで、より桜の綺麗さを演出できます。 シャッタースピードを遅くして、被写体をぶれた状態で撮影することで、より情緒ある写真に仕上げることができます。

4.桜を風景の一部として撮る

4.桜を風景の一部として撮る

桜だけを写した写真ばかりでは、特徴のない写真に仕上がってしまいます。 桜ではなく、あえて通り過ぎる人や周りの建物などをメインに置くことで、季節を感じさせる桜の写真となります。

5.順光で、青空と桜のコントラストを表す

5.順光で、青空と桜のコントラストを表す

順光とは、太陽を背にして被写体を撮る撮影条件のことです。 順光で撮ることで、彩度の高い青空と桜を写すことができます。 特に「午前中」に撮ることで「青空の青」と「桜の桃色」のコントラストがより映えます。


いかがでしたか?
以上の5つのことを押さえて、素敵な桜の写真を撮って見てくださいね。

この記事を書いた人
Tolanca(トランカ)編集部
  1. Tolanca(トランカ)編集部

Tolanca(トランカ)は、これからフォトライフをたのしみたいというカメラ初心者のためのフォトライフWEBマガジンです。「写真のたのしさをもっと身近に。」をテーマに、写真の撮り方や活用の仕方、撮影スポットの紹介など、日常のフォトライフを豊かにする情報をお届けします。

タイトルとURLをコピーしました