写真をデータ化する方法3選|プリントした写真やネガフィルムをデータにする方法とは?

写真をデータ化する方法3選|プリントした写真やネガフィルムをデータにする方法とは?写真整理

昔の写真や幼稚園や学校で購入したプリントの写真をデータにしてスッキリ整理したいと思ったことはありませんか?データ化する方法はいろいろありそうだけれど、自分にどれが合うのかわからない…そんな方向けに、写真データ化をする方法を3つピックアップしました。

スポンサーリンク

写真をデータ化するには大きく分けて3つの方法がある

写真をデータ化するには大きく分けて3つの方法がある

現像された写真をデータ化する方法は大きく分けて3つあります。

1.スマホのスキャンアプリを使って自分でデータ化

1.スマホのスキャンアプリを使って自分でデータ化

まず紹介するのは、スマホアプリでデータ化する方法。写真や書類をデータとしてスマホに取り込む「スキャンアプリ」を使用します。スキャンアプリを使えば、スキャナがなくても、スマホのカメラ機能で写真をスキャンしデータ化することが可能です

Google社が提供しているアプリ、「フォトスキャン」の詳しい使い方は、こちらの記事で紹介しています。

現像された写真をデータ化したいとき、ただスマホのカメラで撮影すると、どうしても影が入ってしまったり、歪んでしまったりします。スキャンアプリなら、影や歪みを補正し鮮明なデータとして取り込むことが可能。また、無料で使えるアプリを選ぶと、値段を気にせず手軽にデータ化ができます。手軽にスキャンを試してみたい方や、無料で写真をデータ化したい方にはおすすめです

しかし、1枚取り込むのに時間がかかるため、大量の写真をデータ化したいときには向いていません。さらに、スマホのカメラ機能では限界があるため、影や歪みを補正できるといっても限度があります。データ化したい写真が大量にある方や、写真のデータ化に品質を求める方は、他の方法のほうがスムーズに進められるでしょう

2.自宅のプリンターを使って自分でデータ化

2.自宅のプリンターを使って自分でデータ化

自宅に家庭用プリンターがある場合は、そのプリンターを使って現像された写真をデータ化することができます。プリンターを持っている場合は、そのプリンターにスキャン機能が搭載されているか調べておきましょう。CanonやEPSONなどから発売されている、ほとんどの家庭用プリンターにはスキャン機能が搭載されています。

▼おすすめのプリンターはこちら▼

プリンターはスマホアプリよりも位置合わせが簡単なので、より影や歪みも少なく取り込めます。また、自宅に家庭用プリンターを持っているという方は、購入する必要がないため、費用はほとんどかかりません。自宅にプリンターを持っていて、写真をデータ化したい方にはおすすめの方法です

しかし、プリンターによっては、スキャンしたデータを1度USBやPCに移してからスマホなどに転送する必要があります。また、1枚1枚プリンターにセットしてスキャンしなければいけない手間を考えると、こちらも大量の写真をデータ化したいときには向いていません

3.写真店に持ち込んでデータ化

3.写真店に持ち込んでデータ化

最後に紹介するのが、写真店に持ち込む方法。自分で写真を取り込むのが面倒な方や、大量の写真をデータ化したい方は、写真店に持ち込むだけで、簡単にデータ化してもらえます。データ化の方法は写真店によって異なり、スマホに転送できたり、DVDとしてもらえたりとさまざま。好きな方法に対応している写真店を選びましょう。

写真店に持ち込むと、写真を持っていくだけで、後は全ての工程を写真店が行ってくれます。そのため、今回紹介する方法の中で、1番手間がかかりません。また、写真のプロならではの質の良さが魅力。データ化しても影や歪みはほとんどありません。写真店によっては当日受け取れるところもあり、時間も手間もかからない方法です。

また、最近では写真店に持ち込むのではなく、写真を送ってデータ化をしてくれるサービスもあります。大量の写真は持ち運ぶだけでも大変ですので、インターネットサービスを利用するのも一つの手ですね。

しかし、どうしてもお金がかかってしまうことがデメリット。1枚当たり50円から150円ほどかかってしまいます。プロにお任せする分、お金はかかってしまうと心得ておきましょう

自分に合った方法で写真をデータ化しよう

自分に合った方法で写真をデータ化しよう

今回は、写真をデータ化する方法を3つご紹介しました。

お金をかけずに無料でスキャンできるくらいの写真量なら、Googleフォトスキャンやスキャン機能付きの家庭用プリンターを使いましょう。ただし、自分で取り込むため手間がかかりますし、画質や仕上がりは人によりまちまちになりますのでご注意を。

より簡単に高品質・高クオリティで写真をデータ化したい場合は、写真屋さんの店頭に持ち込んだり、写真データ化のインターネットサービスを使いましょう。こちらも、大量に写真データ化したい場合は料金に気をつけてくださいね。

この記事を書いた人
Tolanca(トランカ)編集部
  1. Tolanca(トランカ)編集部

Tolanca(トランカ)は、これからフォトライフをたのしみたいというカメラ初心者のためのフォトライフWEBマガジンです。「写真のたのしさをもっと身近に。」をテーマに、写真の撮り方や活用の仕方、撮影スポットの紹介など、日常のフォトライフを豊かにする情報をお届けします。

タイトルとURLをコピーしました